ストレスの原因とは

いわゆる『ストレス』の原因となる事柄は非常に多いですが、それらは実際に『薄毛』とどう結びついているのでしょうか。私達の体は、いつもどこかがせわしなく動いています。そのせわしない動きのために必要なのが、いわゆる『栄養』です。他の部位と同様、髪も成長するために栄養分を必要としています。通常、その栄養が血液と共に順調にいき届けられるのであれば、髪は正しいヘアサイクルを運行することになります。ちなみにヘアサイクルというのは、古い髪が抜け落ちて、また新しい髪が生えてくる一定のサイクルのことです。

ただし、ストレスなどが原因で、髪へ行くはずの栄養分が減ってしまったら、その分だけ髪のヘアサイクルに悪影響を及ぼします。順調に髪が生成されなくなり、生えてくる速度よりも、抜け落ちてしまう速度の方が早くなってしまいますし、髪そのものも抜けやすくなってしまいます。こういった負のサイクルに身を置いてしまうと、それが習慣化し、やがて薄毛が進行してしまうのです。

もちろん、髪に良い栄養分が届けられなくなってしまう原因は、他にも考えられますが、生活習慣…いわば、食生活や睡眠不足も、それに拍車をかけてしまう原因となります。

ストレス社会で生きる

『ストレス社会』といわれている現代において、ストレスとなる原因はたくさんあります。ただし、それが昔と比べて複雑化していることが問題点です。身の回りは、科学技術が進歩したことによって、生活事態は豊かになりましたが、それらが逆にストレスの原因となってしまうこともあります。

広範化したコミュニケーションツールはとても便利ですが、それに気を囚われすぎていると、それが知らないうちにストレスとなっていることがあります。私達は、自分が『ストレスを感じている』ということには敏感なものの、それがどういった原因から来ているか、というのを見極めるのは、簡単では無い場合があります。悩める対象が増えた分、それを一つずつつぶして行く、というのは困難と思えます。

ストレスにどのくらい影響されるか、それは個人の性格にも左右されます。ストレスに強い人、弱い人がいます。特に、物事をいつもきちんと行わなければ気が済まない人、または他人に必要以上の気を遣ってしまう人、そういった人は、ストレスを抱えやすい、と言えます。これらは、自分の気持ちの問題だけではなく、体…いわば健康にも影響しますので、できるだけ早急に解決する必要がある、と言えます。